メニュー

にきびの治療(自費)

当院の治療の特徴

当院は保険診療、および自由診療を合わせて、難治性のニキビ、ニキビ痕の治療に取り組んでいます。安全性、効果が保証されている治療に加えて自費診療になりますが効果が外国ではほぼ普通に行われている治療、レーザーなどによる機械なども用いて難治性にきびに対応することを目指しています。
またニキビの原因、日常生活の注意点にも言及し、根本的な治療につなげます。

当院では、IPLによるフォト治療、ロングパルスレーザーによるフェイシャル治療、レーザー治療、RFフラクショナルレーザーといった最新の治療に加え、ゼオスキンなど外用による治療もなるべく患者様の負担にならないようリーズナブルな価格設定で受けることが可能です。
もちろん自費診療を無理に勧めることは一切ありません。皮膚科専門医が患者様一人一人に合わせた症状にあった患者様のライフスタイル、ご予算に応じて最適な治療をオススメしたいと思います。

 

◆自費診療による治療

◉高量ビタミンC内服

当院では純度の高いクリニック限定ビタミンCの内服剤の取り扱いをしています。3000mgのビタミンCを1日1包で無理なく摂取できます。

黒ずみのようなニキビに対しては、ビタミンC内服、トレチノインなどの外用療法を行います。

当院ではビタミンCの純度、製造場所、品質、吸収過程などにこだわった高品質のクリニック限定ビタミンCも取り扱っています。

◉高濃度ビタミンCローション(当院オリジナルメディカルコスメ)外用

当院で調合して作成しているメディカルコスメです。活性型であるプロビタミンCを10%まで高濃度にして配合し、細胞間脂質、肌の潤いをもたらすヒアルロン酸を配合し、刺激のない高濃度ビタミンCローションにしました。本来のビタミンCの抗にきび効果、毛穴の縮小効果、抗炎症効果、抗酸化効果、美白効果、保湿効果などがにきびを伴う皮膚に浸透し、毛穴の奥から効果をもたらします。

朝晩2回の使用で肌のしっとり感、ハリ感、保湿効果などが期待できます。詳しくは当院オリジナルローションのページをどうぞ(ここクリック

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を剥がすことによって起こりうる現象や効果を利用して行う治療のことです。にきび、小じわ、しみなどに効果をもたらします。

にきび: にきびは、皮脂が毛穴に貯留することでにきびのもと(角栓)が形成されることから始まります。炎症が生じますと、赤く痛みを持ったにきびや膿をもったにきびとなります。浅い深さのピーリングにより毛穴を閉塞させている角質や面皰は排出され、つまった毛穴は開通されますので、にきびは改善され、また、にきびのできにくい皮膚の状態になります。また膿をもった炎症性にきびの場合にも、浅いケミカルピーリングにより排膿が促され治癒が促進されます。

しみ:ケミカルピーリングにより表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進され、表皮内に貯留していたメラニン色素が上行して角質とともに脱落し、また、表面に固着していた角質も均等に剥離されるため、くすみも改善されます。用いる薬品によっては、薬品が直接メラニン色素に働きかけ、しみを薄くすることも言われています。しかし、これらの変化は、顕微鏡レベルでは証明されていますが、実際に肉眼で確認することができるためには、根気よく治療を続け、また治療中の遮光などの努力が必要です。

 日本皮膚科学会のガイドラインには、基本的理念として「ケミカルピーリングが、皮膚科診療技術を十分に修得した皮膚科専門医ないしそれと同等の技術・知識を有する医師の十分な管理下に行われるべき行為である」と記載されています。当院ではエステなどで施術されているピーリングとは異なり皮膚科専門医のもと有資格者が行うケミカルピーリングを行なっています。

アゼライン酸外用

詳しくは上記をクリックしてください。

◉ロングパルスレーザーフェイシャル

◉IPL光治療によるフォト治療

詳しくはIPLのページをご覧ください。

◉フラクショナルRF治療(主にニキビ跡による治療)

ニキビ跡に対してはフラクショナルRF治療が効果的です。にきびによってできてしまった肌の凹みや陥凹などを自分の肌に傷ができたときに自己修復力で皮膚が再生するという機能を使いクレーターや凹みなどの傷跡を肌を入れ替えることで正常な皮膚へと回復させる治療です。当院のフラクショナル機器は最新の機種であり痛みが少なく、肌に直接穴を開けないという特徴があります。ですのでフラクショナル施術で問題となるダウンタイムが他機種や今までの機種と比べて改善されていることが特徴です。1回の施術で肌の10~20%が入れ替わると言われています。

にきび跡で施術する場合1回ではなく数回の治療により肌の入れ替えを行うことができると言われています。(症状の程度、範囲などのより個人差があります。)

にきび改善コンビネーション治療(背中美人・顔ニキビ改善)

当院では炎症性にきびを含むにきび治療に効果的なプログラムを作成しています。女性、男性問わず治療プログラムに参加していただけます。

ケミカルピーリング+ロングパルスYAGレーザー+高濃度ビタミンCローションというコンビネーション治療を行うことでお顔、デコルテ、上背部などのニキビの改善に効果的なプログラムです。

単独の治療でももちろん効果は出ますが、それぞれの治療の効果をより増大させ効果的にニキビを改善するプログラムになっています。施術は医師・看護師など有資格者が行います。施術は痛みはほとんどなく、皮がむける、ひりつくなどという症状はほぼ認められません。過去にケミカルピーリングを受けられた方も当院で痛みを感じることはほとんどありません。男性の方で頬や顎のビキビ跡、上背部のニキビ瘢痕などが気になり治療される方も多いです。また、既存の外用内服でなかなか効果が出ない方も選択肢の1つとして皮膚科専門医のプログラムで効果を試してみてはいかがでしょうか。

美肌注射

いろいろなニキビ治療に併用することができます。直接血管内にさまざまなビタミンを直接入れることができるので効果的です。治療は診療時間内であればいつでも可能です。効果を出すには数回の施術が必要なことが多いです。

◉ゼオスキンなどによる外用、ホームケア治療プログラム

◉その他(いくつかの治療を組み合わせて患者様一人一人にあった治療計画を立てていきます。)

 

ニキビ跡の治療

 クレーター状態のニキビに対しては、トレチノイン外用、Nd YAGレーザー照射、RFフラクショナルレーザーなどの治療があります。深いニキビ跡にはなかなか機械を用いても改善することが難しいですが、ニキビ跡の程度により医師が適切なレーザーなどを選択し、ご提案させていただきます。無理にお勧めすることはありません。

ステロイドの局所注射、リザベンの内服なども、場合によっては行います。

ニキビは若い世代の方は多少なりとも経験をしたことがあるありふれた疾患ですが、放置するとニキビ跡が残ってしまい、その治療に難渋することが多い疾患です。日本はニキビ治療において海外と比べ少し治療が遅い印象があります。保険適応の治療ではなかなか改善が難しい症例も自費治療により軽快する例が多く認められています。当院でも若い世代から女性男性に関わらずニキビの相談を多くいただいており、少しでもニキビ・ニキビ跡の治療に貢献できればと思っています。

男性の方のニキビ治療について

男性のニキビは、皮脂分泌が増えることが原因になっていることが多いのが特徴です。重症化しやすく、強い炎症を起こしてしまうと、治った後にニキビ跡が残りやすくなります。
男性ホルモンによる皮脂分泌の活性化や、生活習慣などの問題で皮膚の衛生が保たれていない、部活動などの運動による汗を放置して悪化しているなど様々原因は考えられますが、ニキビの症状によって治療法は異なります。

最近では、薬局やインターネットでも男性用スキンケア化粧品も多く市販されていますが、お肌がデリケートな方、炎症を起こしている方などにはかえってお肌の状態を悪くしてしまうことがあります。
まず皮膚科専門医の診察を受けていただき、的確な治療を受けることをおすすめいたします。

上背部のにきび、ニキビ跡、下顎や頬のニキビ跡が気になる方が多く、当院のニキビ改善コンビネーション治療、ニキビ跡のフラクショナルレーザー治療を検討いただければと思います。毎日の使用に高濃度ビタミンCローションの使用も効果的です。

 

お困りの方はぜひご相談ください。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME