メニュー

たるみ

皮膚のたるみとは皮膚の内部構造の脆弱化と繰り返し加わる重力と筋力による進展刺激により生じる皮膚の水平方向の進展と垂直方向の進展と考えられます。顔面皮膚のたるみは皮下脂肪組織の増加と減少、骨組織の萎縮などを伴い、明確に顔面形態の老化印象を形成していきます。

難しい定義になりましたが、たるみの評価は非常に難しいです。明確な基準がなく絶対的な判定ができないだけでなく患者様のその日の体調、むくみ具合などによっても変わってくるからです。

たるみの治療には外科的な治療、注入剤による治療、レーザー、高周波、超音波など様々な治療方法があります。当院ではダウンタイムのない治療を行なっています。

◆ヴィーナスリフト(ヴィーナスダイアモンドポーラRF)

肌のリフトアップ治療 【(MP)2技術搭載 ダイアモンドポーラ アプリケーター】

当院で採用しているVENUS VERSAのRF高周波の機器ではMP2という技術を用いてリフトアップ、たるみの治療を行なっています。

MP2(エム・ピー・スクエア)とは「MP×MP = MPの2乗」という意味を指しており、Magnetic Pulse (パルス磁場)とMulti Polar Radio Frequency (マルチポーラ式ラジオ波)の2つのエネルギーを治療領域全体に行き渡らせ、最新の多極RF テクノロジーによってその相乗効果によって非侵襲的に真皮(皮膚深部)および皮下組織を加熱することで肌の引き締め、リフトアップ効果を与えるのと同時に、パルス磁場によって細胞活性や血行を促進し新しい皮膚の再生を促します。

皮膚深部の温度が38℃から45℃になると真皮のコラーゲンが刺激され、45℃以上で脂肪が融解します。この方法は国際特許を取得した技術でFDAの認可も受けており、特に欧米では女優やセレブの間で御用達となっています。痛みも全くなく、温かい心地よい温度での施術となるので施術中にウトウトされる方も多い施術方法となっています。

施術に関しては看護師が常に表面温度をモニタリングしながら行うため、熱傷などの合併症は生じることはなく、安心安全に施術を受けていただくことができます。

こちらは1回で効果が出るというものではなく、数回繰り返して行うことで肌の調子の良さ、ハリ感、たるみやシワの予防効果も出てきます。

🌟🌟この技術は国際特許を取得しておりFDAの認可も受けています。

▶︎国際特許取得

▶︎米国FDA認定

【期待される効果】

  1. しわの改善
  2. たるみの改善(リフトアップ効果)
  3. 肌質の改善、肌の明度アップ、毛穴の改善
  4. 小顔効果
  5. 手のシワたるみ改善・質感改善・ハリ改善
  6. 二の腕のたるみ改善   →詳しくはVENUS VERSA


*この治療には、痛みはありません。1週間に1〜2回の頻度で計6〜10回を目安に行います。これらの効果は3~4回目の施術後より実感されてきます。1ヶ月ごとに継続治療を行うことで持続していくことができます。

◆レーザシャワー(リフトアップレーザー)

ロングパルスYAGレーザーをシャワーのように低出力で全体に照射する事で真皮に熱を与えコラーゲンの活性化を促し、お肌のリフトアップをはかります。皮膚の小じわやたるみの改善の効果が期待でき皮膚を活性化することでお肌の新陳代謝を高めます。繰り返し施術を受けることで、より効果が高まります。また皮下の毛細血管にも反応するため赤ら顔も軽減します。ダウンタイムがないため、施術直後からすぐにお化粧ができるのも特徴です。

Nd:YAGレーザーの波長は皮膚への深達度が高くメラニンや血管水分への吸収率が低いです。この特性を利用して低出力で全体に照射することで皮膚・皮下組織が40数℃に加熱され、長時間維持されることによってコラーゲンへの刺激・血行促進効果などによりシワやたるみの改善が生じてくることになります。rejuvenation効果を得ることができます。

*この治療には、痛みはありません。1ヶ月に1〜2回の頻度で計6回を目安に行います。これらの効果は3~4回目の施術後より実感されてきます。その後は1〜3ヶ月ごとに継続治療を行うことで持続していくことができます。

 

◆プラセンタ注射

しわ・たるみに真皮のコラーゲン合成を促進するとともに、抗酸化作用によって、コラーゲン分解を制御し、しわ・たるみを改善します。

その他のプラセンタの効果はプラセンタ注射のページをご覧ください。

【治療間隔】

まずは1週間に1度、4回は注射してみましょう。最初の1~2か月は週に1~2回、以後は2~4週間に1度の注射が理想です。

◆ボツリヌストキシン注入・ヒアルロン酸注入治療

現在、導入準備中です。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME