メニュー

パッチテストについて

パッチテストは、アレルギー性接触皮膚炎や薬疹の診断に重要な検査方法です。検査で十分な量のハプテン(アレルゲン)を強制的に皮膚に吸収させ、アレルギー反応を惹起させます。従って、貼布されるアレルゲンの量・濃度および溶媒となる基剤、貼布に用いるパッチテストユニット・貼布時間などが結果に影響を及ぼすため、訓練された医療従事者(皮膚科医)により行われなくてはなりません。(日本皮膚科学会)

方法としては、原因として疑われる物質(アレルゲン)を背中もしくは上腕(二の腕)に貼付し、貼付してから48時間後、72時間後、1週間後に判定します。代表的に用いるアレルゲンシリーズとして、ジャパニーズスタンダードアレルゲンや金属アレルゲンがあります。またパッチテストパネル検査といって、一般的にかぶれる頻度の高い成分を24項目まとめて検査する方法もあります。48時間貼ったままにしておくので、その間、汗をかくスポーツや入浴は避けていただきます。

⚫️パッチテストの方法

  • 背中、や二の腕内側の正常な皮ふ(洋服で隠れるところ)に、かぶれを起こしていると考えられるアレルゲン(例:化粧品、植物、石けんなど)を付けたフィルムを貼りつけます。
  • 貼った場所はこのまま48時間は貼り付けたままにします。お風呂は入れません。 2日目(48時間後)に再診してもらい、パッチテスターを剥がします。テスターの刺激反応が消えるまで15分待ち、結果を判定します。
  • 判定は2日目(48時間後)と3日目(72時間後)に行います。可能であれば1週間後にも判定を行います。
  • (可能であれば夏季の汗をかく時期以外がオススメです)
  • 判定は反応の強さに応じて5段階で行います。当院皮膚科専門医が判定します。判定結果は絶対的なものではありませんがおおよその予測がつくため、有用な検査となります。
  • (注意)妊娠中の患者様や、経口ステロイド(プレドニゾロン15mg/日 以上)を内服している患者様はパッチテストを実施できません。また、48時間は入浴はできません。判定に48時間、72時間、1週間後が必要です。
  • 判定スケジュール

    判定スケジュール

⭐️当院ではパッチテストパネルにて判定させていただきます。

保険適応あります。何にかぶれているんだろう?と悩んでいる方、お問い合わせください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME