メニュー

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルは、メラニン色素に反応する低出力のロングパルスレーザーをお顔全体に当て、透明感を蘇らせながらも、肌の修復効果を活性化させるのが目的の治療です。
レーザーにはシミ・そばかす・色素沈着などを薄くする美白効果に加え、脱毛、コラーゲンの生成促進によるハリ感や毛穴の引き締め、さらにはニキビの改善など、さまざまな美肌効果があります。
そのレーザーを顔全体に当てるレーザーフェイシャルは、表皮や周辺組織にダメージを与えることなく、トータルで改善することを可能にした美容治療です。

◆施術について

当院で採用しているのはサイノシュアー製のレーザーElite+で、同時に冷却装置を付けて照射する為、照射と同時に冷却エアーが出ることで痛み刺激を同時に緩和することができ、肌への負担を最小限にとどめることが出来ます。なおかつ、冷却エアーなのでジェルの塗布や照射後の冷却の必要がないため、わずらわしさもなく短時間で施術が終了します。常時冷却エアーが出るタイプのため、冷却ガスによる熱傷の可能性が極めて低く安全に行うことができます。

◆こんな方にオススメ

【アレキサンドライトレーザー】
効果:しみ・そばかす・くすみ・にきび・産毛・毛穴
メラニンに強く反応し、細かく薄めのしみやそばかすに特に効果を発揮するとともに、レーザー光による殺菌効果・脱毛効果によりにきびの改善が多く認められており、にきび治療にも効果が高く改善する報告が多く見られます。お肌の再生サイクルを促して美肌へ導く治療です。

※当院ではVENUS VERSAによるフォトIPLによる治療も効果的ですので赤ら顔の方などご相談ください。

◆照射間隔

3~4週間ごとの照射×6回を1クール。メンテナンス:2−3ヶ月に1回継続。

ダウンタイムはほぼありません。施術後メイクをして帰っていただけます。

◆施術のリスク・副作用

注意点
1治療中の刺激について
刺激の感じ方には個人差があります。多くの場合、軽く輪ゴムで弾かれるような刺激がある場合があります。ご不安な方は、スタッフまでお気軽にお声がけください。

2治療後のお肌の状態
施術後は軽い赤み、腫れ、熱感が伴うこともありますが、一時的な反応であることが多いです。(2~3日で軽減することが多いです。)ごくまれに、毛包炎と呼ばれる症状を起こしてしまう方があります。その場合、1~2週間位程度症状が続く場合がございます。

かさぶた
照射後1週間程度経過しましたら、シミやそばかすがかさぶたのようになって剥がれてきます。無理に剥がすのではなく、自然に剥がれ落ちるのをお待ちいただきますようお願いいたします。

ニキビ
照射後、レーザーの刺激によって一時的にニキビが悪化する場合があります。1週間程度で症状は落ち着くことが多いです。万が一、上記のような症状が強く表れる場合は、当院へご来院ください。医師による診断、薬剤の塗布など、適切な処置を実施します。

3施術後の注意点
・紫外線対策
施術後の皮膚はデリケートな状態になっているため、紫外線の影響を避ける対策(日焼け止めの使用など)を必ず行ってください。 対策をされない場合、色素沈着やシミの再発を招く恐れがあります。日焼け止めもいろいろなタイプがありますので当院で取り扱いのものもあり、適切なものをご提案させていただきます。 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME