メニュー

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチンについてのご案内

 

当院では帯状疱疹ワクチンの接種が可能です。

50 歳以上の方へ

水痘にかかったことのある方の帯状疱疹予防としての効果が認められています。50 歳以上の方は接種可能ですので、接種をお勧めします。

 

帯状疱疹とは

体の片側の一部にピリピリとした痛みが現れ、その部分に水ぶくれを伴う赤い発疹が出現する病気です。水ぼうそう(水痘)に罹ると治った後もそのウイルスが体の中に潜んでいて、免疫力が落ちた時に発症します。日本人成人の90%以上が帯状疱疹になる可能性があり、80 歳までに3人に1人が発症すると言われています。特に50歳代から発症しやすくなります。

帯状疱疹が頭部、顔面に出ると、目や耳の神経が障害され、めまい、耳鳴りなどの合併症、重症化すると視力低下や顔面神経痛など重い後遺症が残ることがあります。また帯状疱疹が治った後も長期に痛みが残ることがあり、帯状疱疹後神経痛(PHN)と言われています。50 歳以上で帯状疱疹になった場合、約2 割がこのPHN になると言われています。年齢に比例して痛みが長引くことが多く、70~80歳台では30-50%の方に半年以上の神経痛が残ると言われています。 実は帯状疱疹で一番辛いのはこの神経痛が長く続くことです。

 帯状疱疹の予防(ワクチン)
帯状疱疹を予防するワクチンが2種類あり、各々長所と短所があります。また再発も認めますので、1度帯状疱疹になった方も接種対象となります。

① 水痘ワクチン
② シングリックス


水痘ワクチンはいわゆる「水ぼうそうのワクチン」です。
子供に投与されるワクチンと同じものです。以前から帯状疱疹の予防としても使用されてきました。

シングリックスは、2020年1月に認可された全く新しいワクチンです。帯状疱疹の予防のみに使用されます。極めて予防効果が高いワクチンですが、治療費もとても高いです。

これまでは水ぼうそうの予防にも使われている水痘ワクチンを使用していましたが、2020 年1 月 に新しい帯状疱疹ワクチンである「シングリックス」が発売となりました。シングリックスは2 ヶ月間隔 で筋肉内に2 回接種しますが、2 回目の接種が2 ヶ月を超えた場合であっても、遅くとも1 回目から6 ヶ月後までに接種する必要があります。アメリカの論文では帯状疱疹予防効果は接種後3~11年で予防効果が減弱すると報告されております(Schmader KE, Levin MJ, et al : Clin Infect Dis 54:922-928,2012)ので、ご相談ください。(米国Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は,弱毒生水痘ワクチンよりもシングリックスを推奨している )

シングリックスの帯状疱疹に対する予防効果は、50 歳以上の方で約97%、70 歳以上の方で約90%と報告されており、水痘ワクチンよりも有効性が高いと考えられます。また、水痘ワクチンは生ワクチンのため、他のワクチンを接種する場合は、27 日以上あける必要がありますが、シングリックスは不活化ワクチンのため、6 日以上あければ他のワクチンを接種することができ、免疫抑制を治療を受けている方などでも接種が可能です。シングリックスを注射すると、体の中で強い免疫を作ろうとする仕組みが働くため、多くの方に注射部位の痛みや腫れがあらわれますが、副反応の多くは3 日以内に治まります。

シングリックスは2 回の接種が必要で、水痘ワクチンと比較すると接種費用が高額となりますが、50 歳以上のいずれの年齢層でも高い帯状疱疹予防効果が示されており、帯状疱疹後神経痛(PHN) の発症を減らす効果も期待できます。

帯状疱疹に対する予防接種をご希望の際は、お気軽にお問い合わせ下さい。

まとめ

 

帯状疱疹予防 (ビケン)

帯状疱疹予防 (シングリックス)

ワクチンの種類

生ワクチン

不活化ワクチン

接種回数

1回

2 回(2 カ月後に 2 回目) 遅くとも 6 カ月後までに接種

予防効果

50〜60%

90%以上 (50歳以上は95%以上)

持続期間

5 年程度

9 年以上

副反応

接種部位の痛み 腫れ、発赤
3 日~1 週間で消失

接種部位の痛み、腫れ、 発赤、筋肉痛、全身倦怠感 3 日~1 週間で消失

料金

安い

<高い

有効性

70%(全年齢)

9 年は確実に有効性があると言われている 2 回摂取すれば
・50 代:90 数%以上
・60 代:80%

・70 代:70% の方が一生涯の有効性があると言われている

 

短所

・免疫が低下している方には接種できない
・持続期間が短い (5年を越えると 50%有効性 が低下する)

・痛い
・2 回接種が必要 ・値段が高い

■違い,その1 --- ワクチンの効果「水痘ワクチン」はやや弱めです.60歳以上に使うと,帯状疱疹の発症がおおむね半減し,帯状疱疹後神経痛は約1/3にまで減ります.「シングリックス」は非常に強力です.帯状疱疹の発症頻度は,50歳以上の試験で3~5%にまでに激減し,70歳以上でも10%程度まで大幅に下がりました.帯状疱疹後神経痛もそれに見合って減少します.

■違い,その2 --- 副反応いずれも重篤な副反応はまれです.ただ,注射部位が痛んだり腫れたりします.これは「水痘ワクチン」ではごく軽くすみますが,「シングリックス」はかなり強いのです.また,筋肉痛や疲労感,頭痛のような全身症状も「シングリックス」に多いようです.免疫反応を強めるために配合されたアジュバンド成分がその原因と考えられています. なお,生きたウイルスを含む「水痘ワクチン」は免疫機能低下の人には使えません.

 

⭐️帯状疱疹は予防できる病気の1つです。接種希望の方はいつでもご相談くださいね!!

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME