メニュー

帯状疱疹

[2021.08.05]

スタッフ仁儀です。暑い日が続き、毎日クーラーのお世話になっています。

最近、”帯状疱疹”の患者様が増えてきました。帯状疱疹とは小さい時に水ぼうそうにかかり、そのウイルスが体の中の神経節に潜んでいて、免疫が低下した時にその神経支配領域に、強い疼痛と水疱が出現する病気です。ご家族や周りに罹患された方が見える場合は気づくこともありますが、帯状疱疹の場合、初期に水疱などがなく、腰や腕、足の痛みや違和感だけが先行することも多いです。そのため、整形外科や脳外科、神経内科などを受診されることもあります。整形などで湿布を処方され、湿布を貼っていたら水疱が出現し、湿布にかぶれたということで当院を受診され、実は帯状疱疹でした、ということが最近多く見られます。

帯状疱疹は、皮疹が出現する場所によってはめまいや聴覚障害、視力障害、膀胱直腸障害など様々な重篤な障害を残し、帯状疱疹後神経痛へ移行することも多く、気をつけなければいけない疾患の一つです。

当院では様々な予防接種に力を入れており、コロナウイルスワクチンもそうですが、帯状疱疹もワクチンがあることをみなさまご存知でしょうか?松阪市はまだ助成の適応にはなっていませんが、帯状疱疹のワクチンは2種類あり、当院では2種類とも取り扱っています。それぞれ特徴に違いがあります。1回の接種で罹患する確率が減少し、予防できる疾患の一つになっていますので、接種希望の方はお気軽にお問い合わせください。

特に最近罹患される方が多いのは日光に長時間あたったり、体の疲労などによる免疫低下も1つの要因になっていると思われますのでみなさまこの暑い中、体調管理、お気をつけください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME