メニュー

🌟肌診断器 Neo Voir Ⅰ(三重県初!)✨✨✨

肌診断機器(NeoVoir I)

◆肌診断機とは

肌診断機とは肉眼では確認できないしわや未来しわを明らかにし、さらに治療効果をより客観的に患者様に知らせてくれる機器です。

#三重県初導入!!!

NeoVoirIを導入いたしました。

NeoVoir Ⅰは、精密な肌診断ができる日本製の肌分析機です。1800万画素の高解像度と4つの光源で、肌を様々な角度から分析します。顔全体を入れて撮影する「全顔型」で、4種類のLED光源を用いて肌分析超高解像度カメラで撮影をすることで、肉眼では捉えきれない表面の状態を明確に確認できる肌診断機です。美容皮膚科での診療だけでなく、研究機関の学術論文の作成根拠としても使割れている、高い分析能力を備えている肌診断機です。

◆肌診断機って何ができるの??

4つの光(4種類のLED光源一般光NL、光沢光SL、偏光PL、赤外線光UV)によって連続撮影を行い、全ての画像を比較分析することで肌の詳細を数値化します。毛穴、しわ、未来しわなどさまざまな評価ができます。経時的な評価を行い治療効果が客観的に確認できます。

いろいろな光で撮影をすることで肉眼ではとらえきれない肌の状態を確認することができます。

以前(治療やスキンケア前後)との比較も一目瞭然!!(再現性の高い評価が可能になり、治療の前後の客観的評価が可能となります)。

◆それぞれの光種類でわかるもの(4種類の光源で実際撮影した写真です)

 

  一般光→→→ 毛穴・シワ・肌色タイプ 

  光沢光→→→ 未来シワ

  偏光 →→→ 赤み肌、ブラウン色素 

  紫外線光→→→ メラニン・ポルフィリン

⭐️ 上記のようにかなり精細に同じ皮膚でも光の種類によりシワやシミ、未来シワ、未来シミが浮かび上がって実際の数値として確認していただくことができます。

 

さらに以下のようにチャートであなたの今の肌の状態を診断してくれます。今後のお肌のケアの参考に役立てていただければと思います。

 

EX)同年代との比較でお肌の状態を教えてくれます。

EX)例えば毛穴のお顔の領域にどのくらい分布しているか、年齢代に比べての比較、Fitzpatrick's Skin Typeなどが客観的に数値化されて可視化されます。目の下のクマの程度も客観的にわかります。

 

◉NEOVOIR Ⅰの特徴

1、LED光源と4つの光で複合的に肌を分析

従来製品の光源(一般光、偏光、紫外線光)に光沢光を追加。皮膚表面の細かな流れや光の反射を確認することで、未来しわの予測も可能になりました。様々な肌診断機機がありますが、第4の光が撮影できるのハイモデルの診断機の特徴です!

2、ビフォー/アフターで比較分析が可能

撮影した画像は並べて表示でき、過去の撮影画像とのビフォー/アフターでの比較も可能です。2回目以降の撮影時には、前回の画像を透かして撮影可能できるだけでなく、比較分析のサポート機能もあるため、特定のポイントを正確に分析できます。各光源で撮影して得られたデータを分析して、数値化してお肌の状態を確認することができます

3、撮影から比較分析までスムーズです

撮影時には、機器上部の撮影ボタンで顧客の顔の位置を調整し、そのまま撮影。外部光源を遮断するカーテンも設置されているので、外部光源を気にせず撮影可能です。

4、東京大学皮膚科でも採用されており現在データ蓄積などに使用されています。

◆ネオヴォワールⅠの肌診断の特徴・メリット

目に見えている状態に加え、隠れたシミ、しわの流れも確認できますので、未来のシミ、しわの予防、ニキビ予防、毛穴広がり対策ができます。
数値化を含めて客観的に肌の状態を分析することで、皮膚の改善に有効な施術や化粧品を導き出すことができます。さらに、自分の目で、肌の状態、施術やケアの過程や結果を確認できるのでモチベーションを維持することができます。

シワ

一般光・光沢光で分析した毛穴・今現在あるシワを確認できます。

未来シワ

光沢光で確認した毛穴・しわと、一般光で確認した毛穴・しわの違いを通じて未来しわを予測します。肉眼では目立ちにくいしわを確認できます。将来のシワの出来始めを確認できるので予防・治療に繋げていくことができます。

毛穴 

開いてる毛穴が分かります。毛穴の分布や多さが分かるので、スキンケアの仕方の見直しやご自分で気づいていない部分も把握でき治療に繋げられます。同年代の部位別平均を比較することも可能です。

赤み

表皮層の色素を赤み肌とブラウン色素に分けて分析します。刺激を受けて炎症を起こしているところが確認できます。ご自分で気づいていなくても日焼けや炎症もわかります。

ブラウン色素

炎症を受けたのちブラウン化しているところが確認できます。これは放置しておくと徐々にシミになる可能性があり、シミの予備軍と言われています。把握することで予防につなげられます。

皮膚トーン

肌の明るさ、くすみ、目の下のクマも確認できます(PA/SPFどちらが合うかも分かります)。皮膚のスキンタイプが分かります。皮膚科ではこのスキンタイプによりレーザー治療の照射の強さなどを1人1人に対して変えていきます。人の目で見るより確実に詳細なデータとして把握できます。

メラニン
シミ、隠れシミを確認できます。毎日の日焼けの手入れ具合や現在あるメラニンの分布などもわかります。
ポルリフィン

ニキビ予備軍がいる箇所を確認できます。全体皮脂からポルフィリンが占める比率を%で表示します。※ポルフィリンはニキビ菌が皮脂を分解した時にできる産物でニキビ菌の働き具合が分かります

光彩

凹凸(皮膚屈曲)のないキメ細かで滑らかな肌の面積と明るさを確認できます。

皮脂

皮脂があるところを確認できますので、ニキビ予防に繋がります。毛穴・しわ・色素沈着全体領域から皮脂が占める面積を%で表示します。

◆一般光と光沢光の例

左側の写真と右側の写真で目の下のシワを見ると四角く囲った部分はシワが存在するのがわかります。右側の丸く囲った部分は光沢光(第4の光で未来のシワがわかる光)ではシワが丸く囲った部分まで拡散しているのが確認できます。目ではわかりませんがこの部分も放っておくと深いシワになる部分ですので一緒に治療、予防していく必要があることがわかります。

◆偏光と紫外線光 の例

丸く囲まれた部分では左の赤み部分に紫外線光をあてるとブラウン色素が存在しているのがわかります。このまま放っておくと赤み部分がシミとなり色素沈着に変わっていくので予防や治療の対象として把握しておく必要があることがわかります。

?初診時に治療内容を選択するためや、通院中に治療経過をみるためはもちろん、新しい化粧品に変えたタイミング、自宅でのスキンケアを見直したタイミングに、肌診断機のみでのご来院も可能ですので、お気軽にご相談ください。三重県初導入です。一度ご自分の現在の肌の状態を診断してみませんか?様々な治療も当院ではご用意しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

肌診断機って必要なの??

○自分の肌質を知り普段使う化粧品を見直したい

○将来のしわなどを評価したいあるいは予防したい

○同じ年齢の方と肌質を比較したい

○ニキビの状態を把握したい(ニキビの原因となるアクネ菌が産生するポルフィリンの評価)

○美容レーザーやフォト治療の効果の評価の難しい肝斑の評価

○治療効果の比較を言葉だけでなく客観的に見たい

肌診断機自体は非常に新しい分野であり、データの蓄積などでもっと色々なことがわかるようになります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME